がん保険の給付

がん保険の給付

がん保険の給付 がんと診断されたら、保険会社に連絡をしましょう。

がん保険に加入している会社、または担当者やコールセンターでも大丈夫ですので連絡をします。このときに保険証券を持っておくことで話がスムーズに進んでいきます。
その後、保険会社から送られてくる書類を病院にもっていきます。そして診断書を書いてもらいましょう。
一般的には診断書の金額は5000円程度と言われて、これは実費で支払いをします。

医師の診断書と、給付金の受け取りに必要な書類、この二つが揃ったら再度保険会社に連絡を入れます。
がん保険の内容にも、保険会社にもよりますが給付金が定額だったときには、診断書ではなくても、領収書でもいいという保険会社もあります。

手続きを済ませたら給付金が支払われるまでに、およそ5日程度かかります。また、このようなことは出来ればあってはいけないことですが、書類の不備や事実関係の確認などで時間がかかってしまう場合では、給付金の支払いにも時間がかかってしまいます。

この給付金は、請求の期限は3年以内になっています。
がんになってしまいこのような請求を忘れるといった人は、まれですが中にはいます。忙しくて忘れていた、手違いで請求を忘れたなどの理由があります。

最新記事